How many bulbs do I needs? いくつの球根が必要ですか?

いくつの球根が必要ですか?

庭やコンテナに球根を植える場合、最初に考えるのはどのくらい球根が必要かということです。大小さまざまな秋植えの球根について、植栽デザインするのに必要な球数目安をまとめました。

鉢植えに必要な球数

例えば、8号鉢にチューリップとビオラ3苗を混植する場合、約5球程度が適しています。8号鉢直径Φ24cmの表面積0.045m2を基準にし、色んな大きさの鉢やプランターの表面積を求め必要な球数が計算できます。


球数は苗間に植える

球数は苗間に植える

鉢植えは自由に動かせる

鉢植えは自由に動かせる

 

【球根種類別・植え方別の球根必要数】

種類8号鉢(Φ24cm)庭1㎡当り必要球数
球根のみビオラ混植(3苗)コンビネーションカラーガーデン
アリアム(大球性)815
アリアム(小球性)8-12520100
アネモネ10-15550150
クロッカス10-201075150
スノードロップ12-155-1080150
ダッチアイリス8-10530100
シラーカンパニュラータ5-63-52060
スノーフレーク5-63-52575
ヒヤシンス5-631040
ムスカリ12-161050150
シラースカイブルー155-1075150
スイセン4-532060
ミニスイセン6-113-635100
チューリップ7-105-72060
ミニチューリップ9-135-1025100

コンビネーションとカラーガーデン作り(庭1m当たりの必要球数)

春の庭を魅力的なものにする簡単な方法は、秋植え球根を中心として色をつけることです。お気に入りの多年草や野生の花と組み合わせる植栽法「コンビネーション植栽」は自然な感じで植えることがポイントです。早春のクロッカス、中旬のスイセンとチューリップ、晩期のアリアム、宿根草など小さな庭に季節ごとに長い期間、彩りをあたえてくれます。


球根とポットを仮置きし植栽

球根とポットを仮置きし植栽

コンビネーション植え

コンビネーション植え

 


もう一つの植栽法として、植栽する大きなスペースがある場合、または街中の緑化スペースに植える場合は、たくさんの球根を使って「カラーガーデン」を作るのがおすすめです。たくさんの球根を彩りよくミックス植えするには「トレンチ植え」がとっても効率的です。塹壕のように大きな溝を掘り、ランダムにかつバランスよく球根を置いていきます。そして丁寧に土をかぶせます。最後にエアポケット(水の通らない場所)のないように徹底的に水をかけます。

※ちなみに「トレンチコート」もともとは軍隊用の保温と防水に優れたコート、「塹壕(ざんごう)=トレンチ」で着るコート


溝を掘る「トレンチ植え」

溝を掘る「トレンチ植え」

カラーガーデン

カラーガーデン

草花・芝生の中に球根を植えるには

草花や芝生がすでに植栽されている場所で球根を植える方法を紹介します。水仙やアリアムのような大きな球根には”バルブプランター”を使い、土の円柱状を開けます。土が固い場合は砂や腐葉土、使い古しの堆肥などを穴に少量入れてから球根を置き、土をのせます。そしてクロッカス、ムスカリ、スノードロップなどの小さな球根の場合、シャベルやフォークで穴を開けて植え付けます。

注意することは、すべての球根の葉が黄色に変わるまで草と球根の葉を切らないこと、そして肥料は植え付けの後に与え、開花後は与えないことです。


穴を掘る「バルブプランター」

穴を掘る「バルブプランター」

自然なままの雰囲気で

自然なままの雰囲気で