カザフスタンの野生のチューリップ

原種チューリップの自生地

チューリップの原生地

チューリップの原生地

チューリップの祖先は中央アジアから地中海沿岸にかけて自生していたと考えられています。チューリップの原生種は色や形は様々ですが現在のチューリップほど背は高くありません。強風が吹き荒れ、夏は地表面が40℃を超える乾燥地帯、その中を生きるために背丈を低くし、そして球根を身につけたと考えられています。

 

野生チューリップの研究で有名なアンナ イヴァシェンコ博士(カザフスタンのIle-Alatau国立公園の主任研究員)によると「チューリップの先祖は1~2千万年前に現在のカザフスタン領地内の天山山麓と砂漠地帯で発生した。そこから北と南、東と西へ移動した。現在カザフスタンは多様なチューリップの原種の中心地である。カザフスタンで三十七種類のチューリップが自生する。これは他の国に比べても相当多い。カザフスタンの野生のチューリップであるTulipa schrenkii(Tulipa gesneriana)、Tulipa greigiiとTulipa kaufmanianaは世界中に栽培され、数百の栽培種の先祖である。」

「チューリップは多年生鱗茎植物である。大輪のチューリップの多くは自然界で種子のみで殖える。実生は自然界では十~十五年目に初めて花を咲かせる。そして時折休眠しながら数十年間にわたって咲き、次第に老化、枯死する。野生チューリップの一生は人間の一生に似ている。チューリップも同じように五十年~七十年間咲き続けることも可能である。」

 

カザフスタンの自然動画(ingeborg van leeuwen Wild Kazakhstanよりリンク)


引用文献
カザフスタンの野生のチューリップ アンナ イヴァシェンコ 万華鏡238号/チューリップの素顔