2014となみチューリップフェア花見マップ

 

2014となみチューリップフェア花見マップ

 

2014フェアパンフマップ-001

2014フェアパンフマップ-0182014フェアパンフマップ-0192014フェアパンフマップ-0032014フェアパンフマップ-0042014フェアパンフマップ-0052014フェアパンフマップ-0062014フェアパンフマップ-0072014フェアパンフマップ-0082014フェアパンフマップ-0092014フェアパンフマップ-0102014フェアパンフマップ-0112014フェアパンフマップ-012

※フェア会場の見どころをエリア分けしました。気になった場所をクリックしてみてください。砺波チューリップ公園は、全国に知られた砺波市の花「チューリップ」をテーマとし、
いくつかの大きな特徴を備えた公園です。
毎年、「となみチューリップフェア」のメイン会場となり、県内外、海外から約30 万人の
方々が来訪されます。昭和 27 年に富山県農業試験場出町園芸分場をチューリップフェアの
会場として一般公開したのが、この公園の始まりといわれています。
昭和38 年には広さ約1.6ha で公園整備がなされ、その後、順次区域が拡張され、施設内容
も大幅に拡充し、現在では広さ約7.9ha で多彩な内容の公園となっています。
公園内や周辺には、砺波市文化会館、砺波市美術館、チューリップ四季彩館などの文化
施設が設けられ、「花と緑と文化のまちとなみ」のシンボルゾーンを形成しています。

 

チューリップフェア花見マップ

チューリップフェア花見マップ

関連する記事