令和元年の皇室献上チューリップ

皇室献上チューリップ_春の四重奏

 

「砺波のチューリップを皇室へ」

毎年秋に、砺波市特産のチューリップ球根が、砺波市長の手によって皇室へ献上されます。皇室へのチューリップ球根の献上は旧砺波市制が施行された1954年(昭和29年)から毎年行われており、私達球根生産者にとっては古今無類の誉れ高き伝統行事となっています。

例年は10月に天皇皇后両陛下、各宮家宛にチューリップ6品種、合計4,000球の球根を丁寧に箱詰めしており、その際に献上する球根の品種名および生産者名を発表していましたが、令和の今年は新天皇ご即位を記念して、球根初出荷にあわせていち早くご紹介させていただくことになりました。

 


「皇室献上品種の選定について」

皇室に献上されるチューリップは、富山県で最も優秀な生産者の高品質な球根から選ばれます。選定方法は県内各地区の球根検査員より推薦を受けた生産者を対象に、「ほ場品評会」の審査が行われます。審査結果に基づき上位7名の優良生産者が選ばれ、彼らが作る品種の中から、花色や開花時期のバランスを考え高品質な6品種を選定し皇室献上品種が選ばれます。

 

令和元年 皇室献上チューリップ

品種名画像生産者名特徴
黄小町黄小町農林水産大臣賞 高島宗雄氏(魚津市)富山生産量連続一位で花壇・鉢植・切花と用途多彩(4月中旬、20~40cm)
ダンシングショーダンシングショー北陸農政局長賞 清都和文氏(高岡市)爽やかなレモンイエローに緑が入るビリデ咲き、花型は百合咲きに似ている(4月下旬、40~60cm)
とやまレッドとやまレッド富山県知事賞 朝日利久氏(砺波市)、富山県花卉球根農業協同組合長賞 井上博貴氏(砺波市)富山県チューリップの“フラッグシップ”と位置付けている品種
黄小町の突然変異種(4月中旬、20~40cm)
ダベンポートダベンポート富山県農林漁業振興会長賞 梅次 勲氏(滑川市)赤に黄色の小さなフリンジのコントラストが明るい印象のフリンジ咲(4月下旬、40~60cm)
桃太郎桃太郎富山県花卉球根農業協同組合長賞 山田有年氏(砺波市)はっきりとした桃色と白の二色咲き(4月上旬、20~40cm)
ライトピンクプリンスライトピンクプリンス富山県花卉球根農業協同組合長賞 島 義彦氏(黒部市)パステルピンクの愛らしい早春プリンスシリーズ(4月上旬、20~40cm)

新宿御苑での皇室献上チューリップ

2018年11月29日、12月10日に園芸文化協会の園芸家・奧峰子さんに監修され、新宿御苑(国民公園協会)の丸花壇と三角花壇に花苗と皇室献上品種を植栽いただきました。東京都民の皆様をはじめ多くの外国客の方々に皇室献上チューリップを知っていただくことができ、非常に感謝しております。新宿御苑ホームページでの記事

球根組合ではさらに多くの方々に楽しんでいただきたいと考えています。個人向けの「皇室献上セット」や植栽向けの卸販売も行っておりますので小売店・公園の方はお問い合わせページにてメールやFAXにてお問い合わせいただければ幸いです。

 

2019年4月3日 新宿御苑 丸花壇