花育 in TOYAMA by 富山フラワーネットワーク

子供達と1000球チューリップ

今回の花育は「富山フラワーネットワーク」が取り組む活動の紹介です。
この組織は県内の花き業界関係者がコラボレーションで新しい取り組みを進め、花の需要を高めることを狙いとしています。
「おわら風の盆」で有名な富山市八尾にある「杉原保育園」(浅生幸子園長)の年長・年中の153人の子供達にチューリップの球根1000球を植え付けてもらいました。
その他に園で収穫した球根(オレンジ色)や花と緑の銀行や郵便局から贈られてきた球根も入れると1500球以上15品種になりました。
大花壇や半円花壇の他大きなプランターが83個もあり、打ち合わせも電話だけだったので先生たちと1時間程度打ち合わせし、急きょ植栽の組み合わせを考えました。
子供達は球根の向きや穴の深さ、土の掛け方まで次々と作業をこなしてくれて、本当に助かりました。
来年の春までにもう一度生育の様子を伺いに行きます。

IMG_0046

 

IMG_0042

IMG_0045

植栽の品種組み合わせ

大花壇:園で収穫したオレンジ色品種、白雲、夢の紫、アレキサンドラ、パンジー
正面入り口:銀盃(ぎんぱい)
半円花壇:赤とオレンジをミックスベースにして、4つの花壇毎に桃・黄・白・紫(品種不明)
プランター83個にはプリティーウーマン、カナスタ、ピンクダイヤモンド、フリンジドファミリー、クリスタルスター、ダンシングショーを品種毎に植えました。

杉原保育園花MAP

関連する記事