冬に咲くチューリップ

冬に咲くチューリップの商品化に成功!その名も「春咲どりチューリップ」

 

 

「春咲どりチューリップ」は普通の球根を春化処理した特別な球根
チューリップ球根は自然の冬の寒さを過ごすことによる春に開花します。
この特性を生かして夏場から冷蔵庫の中で球根に寒さを合せた処理のことを春化処理といいます。
春咲どりチューリップの特徴
1.寒い時期に咲くから花がとっても長持ち
2.冬の気温で生育するので地域によって生育の早さが違います。
3.品種によってその冷蔵処理のタイミングや処理期間が異なります。

 

日本各地の公園で栽培実証試験を実施

富山県花卉球根農業協同組合では長年にわたり、日本各地の公園で生育試験を行いました。
その結果、日本各地の公園で様々な品種を冬に咲かすことができるようになったのです。

HTB冬咲きパンフ_edited-1

.沖縄県海洋博公園チューリップフェア 沖縄県海洋博公園1月初め

個人向けの商品化に一工夫

冷蔵球根は生育のスピードが速く、芽も根も生育寸前の状態です。
だからとってもデリケート、少しの衝撃にもあわないように卵と同じパッケージを採用しています。商品の到着後は1週間以内に栽培を始めてくださいね!

春先取り3.jpg

P3-6 (800x600).jpg

春先取り1.jpg

春先取り2.jpg

ウインターフラワーコレクション-3 (800x532).jpg

関連商品

関連する記事